FC2ブログ
2020/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
フリーエリア
プロフィール

Mrs Green

Author:Mrs Green
わたしの名前はチャマ
グリーン家の飼い猫です、グリーン家には年頃の息子が
三人もいるのに誰も結婚しません
グリーン夫婦は我が家に孫はできるのだろうかと心配しています。そこでわたしはまるでグリーン家の孫のように猫かわいがりされてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
長崎江山楼、絶品皿うどんd(^-^)!
先日、伊王島大橋を見て長崎市内へ
さてお昼はどこで食べようということになりました
以前郊外のレストランで長崎チャンポンを食べて大失敗しました
量だけは多かったけどまったくおいしくなかった
それからは安全策でおいしいとこしか行かない私たちです
長崎でおいしいチャンポン、皿うどんといえば江山楼
 


お店の入り口には鯉が泳いでます
何度も行くけどやっぱりここにしました
ここはガイドブックに絶対のっています
観光客とおぼしき人たちが一番多く注文するのは
やはりチャンポンです
江山楼のウェイトレスのおねえさん、みんな和服です
その和服をきた若いきれいなお姉さんが
お客さんがチャンポンと注文するとすかさず
並ですか、上ですか、特上ですかと聞かれます

すると、80~90パーセント以上の人は特上と言ってしまうようです
もちろん遠くからきた方はめったに来ないのだからふんぱつして
おいしいのを食べようと思われるのかもしれません
でも並と特上の差はなんでしょう?
まずお皿が違います
特上は上品な絵柄の皿にさらに受け皿がつきます
そして、もちろん具が違います
季節によっても違うと思いますが
特上は海鮮のえびや貝柱等々豊富にはいっています
私たちももちろん最初は特上を食べました、でも最近は並を注文
並でも十分おいしいです
そして長崎といえばチャンポンとお客さんの注文はチャンポンが
多いようですが、私的には皿うどんが好みです
きょうも皿うどんを注文
皿うどんにはパリパリ細麺と太麺があります
今回は両方たのみました、取り皿をもらってふたりでシェアしました
わたしは江山楼のおいしさの秘訣は、皿うどんやチャンポンといっしょに
出されるソー酢ではないかと思います、けっしてソースではありません
一言でいえば、鰹節系のだし入っている甘いお酢です
これを皿うどんにかけて食べるのが最高です
こくも出るし食べてあっさりやみつきになります
そしてここは麺もまたすごくおいしい
パリパリ細麺が来た時は、とりわけてソー酢をかけて
すぐたべはじめますが
太麺が来たときは夫からしばし待てと指令がでました
夫は鍋奉行ならぬ麺奉行でして
この太麺はしばらくおいたほうがスープをすってうまくなる
しばらくじっと麺をみてよしと合図があったので食べはじめます
まるでおあずけの犬みたい
でもほんとに麺がスープのうま味をすっておいしいかった
もちろんソー酢かけます
この太麺はちょっと角ばっていて腰があっておいしい
チャンポン麺とまたちがうし
他の麺料理の麺もまた違っているようです
いったい何種類の麺があるのか
厨房をのぞいてみたい気がします

スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)