FC2ブログ
2020/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
フリーエリア
プロフィール

Mrs Green

Author:Mrs Green
わたしの名前はチャマ
グリーン家の飼い猫です、グリーン家には年頃の息子が
三人もいるのに誰も結婚しません
グリーン夫婦は我が家に孫はできるのだろうかと心配しています。そこでわたしはまるでグリーン家の孫のように猫かわいがりされてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
中山農村歌舞伎
 今、小豆島はお祭りシーズンだそうです 今夜は中山農村歌舞伎を見に行きました 息子はお世話になってる方に招待されていましたので たまたま両親が来ると言ったら、ご両親もどうぞ といわれたそうで、お言葉に甘えました 五時開始と言うことでしたので少し早めにつきました 歌舞伎のある神社はこの棚田の向こうにあります 

 招待していただいた方のご一族はこの歌舞伎の保存の 後援者でいらっしゃるそうです。ご一家の席は花道のそばに ありました。私たちもそこにおじゃましました スタンバイしている子供たちが花道の かげから顔をのぞかせてなかなか微笑ましい さあいよいよ始まりました 最初の出し物は三番叟、板張りの舞台にござがひいてあるので 少しおどりにくそう、衣装が少し短めなのもご愛嬌 

 招待してくださった奥様が農村歌舞伎のお話をされました 昔は自分たちだけが楽しでやってた、祭りなので 酒はつきもの、役者が酔っ払って、舞台のそでで○○しながら 演じることもあった、そういう筋書きにないことも楽しみだったが 今はマスコミも他からのお客も多いので真面目に演じすぎて おもしろくないと言われました 第二幕は子供歌舞伎、夏休み中練習したそうです かさをもっている時間が長いのでかさの重さで 腕がぷるぷるして来ると言っていたそうです みんな練習の成果で長いせりふもまちがえずよくできました 

 歌舞伎にはお酒と弁当はつきものですが、急に行った私たち にも用意していただいてました。 大きな入れ物は家紋入りです一箱に20個入るそうです 一人前はこれ 

 最近新しくされたそうで木の香りがとてもよかったです 第五幕はローソクの証明のみで演じられるとプログラムに書かれて いましたので、幽玄な舞台を見たかったですが、他のお客さんも多そうなので 途中で失礼しました 舞台装置も立派ですし、振り付け指導、太夫、三味線、化粧、着付けまで 全部自分たちでやられるそうです 江戸時代からここまでよく継承されていると 感激することしきりでした 

 
スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)