FC2ブログ
2020/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
フリーエリア
プロフィール

Mrs Green

Author:Mrs Green
わたしの名前はチャマ
グリーン家の飼い猫です、グリーン家には年頃の息子が
三人もいるのに誰も結婚しません
グリーン夫婦は我が家に孫はできるのだろうかと心配しています。そこでわたしはまるでグリーン家の孫のように猫かわいがりされてます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
生月島、お昼はうにどんぶり
そろそろお腹も空いてきました
せっかくなら美味しい魚たべたいよね、きょろきょろするが
何にもなさそう、とりあえずJFお魚市場というところで買い物
いかと飛び魚スリミあげを購入、レジのおばちゃんに
お魚食べさせてくれるところありませんか、と尋ねると
どんぶりでもいいね?と言われるので、いいですよと答えると
すぐ近くにあるよ、大将がへんくつだけどね、とお店教えてくれました
教えられたお店のれんをくぐると、ほんと顔にへんくつとかかれた

おじさんがカウンターの中にいました

私たちがカウンターからちょっと離れたところに座ると

こっちでいいよと自分の前のカウンター席をすすめてくれました

以外にいい人かも

さあ何を食べようか?目についたのが、うにどんぶり1,600円

以前生月島の近くの離島の民宿でとれたてのうにの美味しさが忘れらない

ここなら美味しいかも、私はうにどんぶりに決定、夫は刺し身定食1,800円


うにどんぶりはうにがてんこもり 忘れてました。魚のあらのみそ汁もついてました


刺し身定食はお刺し身やまもり

うには大粒で新鮮で美味しい

うには地元さんですかと聞くと、地元さんはこんなに使えないよせいぜい半分だね

と大将。へんくつ親父にはあまりつっこまないほうがいいかと深く産地は追求せず

でも私たちがあまり美味しいを連発するので、へんくつな大将も機嫌よく

どこから来たねと話しかけてくる、久留米からですと答えると

おー自分も佐賀競馬にはよく行く

川を渡れば久留米ですよねと話がはずんだ

お店は寿司も出しているので私たちの目の前は寿司のねたケース

その中には地元の魚の他に伊万里牛のたたきも入れられていた

ここは牛も美味しそうですねと話しかけると、機嫌よくなった大将は牛のたたきのにぎりを

食べんねと出してくれました。うれしい、ごちそうさまでした

もちろんおいしかったよ
スポンサーサイト





 
Secret
(非公開コメント受付中)